「愛している」の言葉はテレフォンセックスで使ってはいけない?

「愛している」の言葉は若い人にも老いてからでも使える万能の言葉です。
たったの6文字でしかないにもかかわらず、相手を喜ばせたり満足させたり時としては怒らせてしまったりと不思議な魔力を持つ言葉ですね。
■テレフォンセックスでこれはNG?
エッチな話だけをしたいということで男性と女性に人気のテレフォンセックスでは愛しているの言葉を使わない方が良いのでしょうか。
考えてみたら相手とは一度も会ったことがないにもかかわらず、愛しているだなんて言葉を使うとどん引きされるのではないかとか勘違いされてしまうのではないかと色々悩んでしまいます。
■雰囲気によりけり
愛しているという言葉は雰囲気によって使い分ける言葉です。
冒頭で「愛しているは怒らせてしまう言葉」という例示をしましたが、はじめてのテレフォンセックスをしている相手に対して愛しているだなんて言葉を使えば「なんとこの人は軽い人か」と思われ相手を怒らせてしまい兼ねません。
恋人ごっこでテレフォンセックスをしているのならば雰囲気にぴったりですから良いでしょう。
■恋人同士なら必ず
遠距離恋愛でのテレフォンセックスでは必ず愛しているの言葉を使いましょう。
日本人は特に愛情表現を言葉で行うことが苦手で、恥ずかしがって愛しているをいわない人が多いですがこれは間違い。
顔が見えない電話だからこそ積極的に使いたい言葉ですね。
■魔法の言葉をかけてあげよう
いかがでしたでしょうか。
愛しているの言葉には様々な魔力が含まれているということがおわかりいただけたかと思います。
シチュエーションに応じてテレフォンセックスの中でも愛しているの言葉は使っていきたいですね。
魔力にとらわれすぎて悪魔の言葉にならないよう注意してください。

関連する記事

アーカイブ

テレフォンセックスおすすめ
ページ上に戻る