マナーを守ってゆとりアル気持ちの良いテレフォンセックスを

性的なことを楽しむためにもマナーがあります。
男性と女性の間で不文律の中存在するマナーを今日はテレフォンセックスを具体例にご紹介しましょう。
■相手のいやがることをしない
テレフォンセックスでは相手に自分の姿を見せる必要など有りません。
しかし、相手にとってみたら「そんなことをはしたくないな」と思うことだって有ります。
オナニーをしてみてとか、道具を使ってみてという事であったとしても初めての時にはちょっとしたくないという方もいらっしゃるのです。
いやがっているようならば無理強いはやめましょう。
■会うことを強制しない
電話では飽き足らず、そろそろ一度くらい会ってみてうまくいけばセックスにまで持ち込みたいとお考えの男性や女性もいらっしゃるでしょう。
相手の同意を得られれば会うことだってかまいませんが、頼んだからといって確実にあってくれるわけではありません。
なんせテレフォンセックスは電話だけで終わる話と思っている男性や女性も多いですから、会うことまでは考えてないというときにはあまりしつこく会ってくれといわれると困るという方もいるのです。
■犯罪行為を助長しない
これは一時期社会問題になってテレクラで起きたことです。
テレフォンセックスを楽しむだけならば良かったのですが、売春行為をはじめとした犯罪行為が行われていました。
それが原因でテレクラは一気に衰退したのです。
今でもテレフォンセックスは禁止されていませんが、犯罪行為を助長するのは絶対にやめましょう。
■気持ちのいいテレフォンセックスを
性的に気持ちよくなるだけではなく、人間関係の一つとしても気持ちのいい関係に出来ると良いですね。
テレフォンセックスがお互いを満足させるものであることを願っています。

関連する記事

アーカイブ

テレフォンセックスおすすめ
ページ上に戻る