大人の英語学習

オーストラリアの英語は訛っている?英語習得に不向きか?

 

私が最初にワーキングホリデーでオーストラリアに来る時、
英語の習得も1つの目的でした。

それを人に話すと、

「オーストラリアの英語は訛りが凄いんでしょ?」
「鈍った英語を覚えたらどうするの?」

など言われました。
こう行ったことはなんと留学エージェントなどでも言う人は居るのです。

今回はこのオージー訛り英語について
オーストラリア英語は訛りがキツイのか
オーストラリアに留学すると鈍った英語を覚えてしまうのか

留学やワーホリを考えて居る方はその辺気になりませんか?
また将来子供を留学させるかもしれないお父さんお母さんも
「自然がたくさんで良さそうだけど英語習得にはおすすめじゃないのかな?」

今回はそんなことが気になる方への記事です。

 

オージー訛りはあります

 

いきなり肯定しちゃいますが、オージー訛りはあります。

ですが、どこの国にも言える特有のものでイギリス英語が本物!とか
アメリカ英語!と言うのはもはやナンセンスだと思っています。

大阪、北海道、福岡や沖縄など日本語もそれぞれの地域でイントネーションは違いますよね
でも英語のその違いは日本の方言をかなり強く出した時の
さっぱり分からないレベルではありません。

日本の強い方言の方がむしろ何ていう意味か全然分からないというレベルのものが
たくさんあります。

ある地域、国の英語に慣れている人にとって多少聞き取りにくいということは
あり得ますが、英語は英語なのでコミュニケーションはとれます。

イギリス人やアメリカ人がオーストラリアにワーホリに来ても
語学学校には行きませんよね

基本的に使う単語が違うものも結構ありますが、彼らに聞くと
「まぁ分かるよ」だそうです。
その「まぁ」は、通じない事もあるけどその時は言い換えたり
説明するから別の言語を使うような難しい話じゃないということのようです。

違う単語というのは

オーストラリア/アメリカ

lift/elevator(エレベーター)
flat/apartment (アパート、マンション)
chips/french fries(フライドポテト)

などなど 覚えだすと結構おもしろいかもしれません。

ただground floor/first floorは最初ややこしい。

オーストラリアでは通常の1階をground floorといいエレベーターでは
ボタンはGとなっていることがほとんどです。

 

そう基本的な英語が使えれば、例え知らない単語でも「どういう意味?」
と聞いたり自分がいう場合にもその単語を説明したりすれば通じるのです。

移民大国なのでみんな訛っている!?

 

もはや何が訛り、何が普通か定義から調べないといけないのかというくらいに
オーストラリアはいろんな英語が飛び交っています。

かなりの移民大国オーストラリア

同じ国出身同士では母国語で話すので電車やバスに乗ればまあなんとたくさんの
種類の言語が聞こえることでしょう
日本ではまず体験しないレベルに。

もう”オージー訛り”を気にして居られないくらいにいろんな国特有の
イントネーションです。

しばらく暮らしているとだいたい聞くと母国語が分かるようになるくらいに。

よっぽどネイティブの発音に近い人以外は基本的にその国特有の
イントネーションや舌の使い方などするので、それがかなりキツイ人の英語は
ネイティブ以外の英語に慣れている学校の先生や特定の人以外にはそれこそ
聞き取り辛いそうです。

けれど特に都市部の人達は近年割と慣れてきている傾向にあります。

どんなイントネーションでもある程度コミュニケーションが取れれば
普通にみんな英語で仕事していますからね

ただ、国によって私達が理解しやすいイントネーションとそうでないものがあります。
言語の専門家ではないので似ているからなのかなど理由は分からないのですが
語学学校などでも日本、韓国、台湾はお互いのイントネーションからでも
比較的聞き取りやすいです。

もし英語を習得したい理由が「英語で仕事をしたい」とかだったら
それこそ移民大国なオーストラリア、個人的にはおすすめします。

いざ仕事になって「ああ、この国の人の英語は聞き取りづらくてやりとり
出来ないから自分には出来ません」なんて言いませんよね

 

英語の訛りが聞き取れる?リスニング力アップしたね!

 

まず英語の習得を目指す前に訛りを気にするのははやい。

多少の訛りが聞き取れるならリスニング力がアップした証拠だと
喜んでいいかと。

そして訛りがうつってきたならあなたの英語レベルは少なくともリスニングや
発音については格段にレベルアップした証拠です!すごい!

それくらい、「訛りがうつる」なんて簡単な話じゃありません。

少なくとも行く前から気にすることでは全くないと思います。

せっかく違う国へ行くのなら、

  • 行ってみたい場所があるから!
  • 好きな映画の舞台の国だから
  • 行きたい学校があるから
  • ただあの国に惹かれる

などなど 自分の感覚に素直に従って決めちゃっていいと思います。

 

案外、しばらく暮らしていてオーストラリアが好きになってくると、
オージー英語が素敵に思えて来て一生懸命真似したりなんかするようになる事も。

momohasu
momohasu
そして通じたり褒められたりした時なんかは何とも言えない嬉しさです!

英語のスペルが違う!テストは注意

 

どれもこれも英語は英語

なんですが、テストの際はスペルに気をつけてください。

オーストラリアはイギリス英語ベースです。

オーストラリア/アメリカ

colour/color
favourite/favorite
centre/center
realise/realize

など、規則性はありますが私が受けてきた知識で言えば日本はアメリカ英語なので
語学学校では特にバツにはされませんでしたがケンブリッジ検定などの
テストではだめだそうです。

語学学校でケンブリッジコースにいた時はこの辺普通より厳しめにチェックされました。

受ける予定のある方は事前にチェックを

 

英語の訛りどころか略しまくるオージー英語

 

もう「訛ってるから聞き取りにくい」レベルではないですよ
もちろんTPOにもよりますが、オージーは名詞を略すのが好きみたいです。

ここでちょっと初めての試み…クイズです!
これ、何の意味か分かりますか?

  1. Maccas
  2. Avo
  3. Arvo
  4. Barbie
  5. Brekkie
  6. Bottle-O
  7. Stubby
  8. Hubby

答えは

  1. マクドナルド
  2. アボガド
  3. 午後(afternoon)
  4. バーベキュー
  5. 朝ごはん
  6. アルコールショップ
  7. 瓶ビール

これらは割と有名なものなのですが何となく分かるものから
何だそれ!どっから来てるの!?というものまでたくさんあって
面白いですよ

ただ本などに書いてあるだけだと、実際のオージーは
「え〜そんなの使わないよ」っていう単語も多くあるのでよければ
「これって使うの?」とオーストラリアでオージーと知り合ったら
ぜひ聞いてみてください^^

 

ミランダカーがオージー英語レクチャー

 

これはおまけのようなものですが、VOGUEの企画で
オーストラリア出身のモデル、ミランダカーが子供達にオージー英語を教えるというものが

企画なので結構大げさにやっていますが、ミランダや子供達が可愛くて面白いので
よかったらご覧ください^^

 

 

 

 

応援にポチッと押してもらえると嬉しいです いつもありがとうございますm(--)m にほんブログ村 にほんブログ村へ