子供の英語教育

英語習得どころかダブルリミテッドになる危険性!?幼児英語の注意点

 

幼児英語、おうち英語、またさらには子供をバイリンガルにするのを目標にしているなど
目標レベルはそれぞれだと思います。

 

その中でも一生懸命にバイリンガルを目指してお子さんに英語教育をされている方

ダブルリミテッドという言葉をご存知でしょうか?

ダブルリミテッド

両方の言語において多少使えるものの、その両方が
年齢に応じた言語習得に達していない、いわゆる”中途半端”な状態を言います。

これになってしまうと、例えば

  • 日本語は両親と話すからある程度話せるけど読み書きが
    ほとんど出来ない。会話も難しい話題になると理解出来ない
  • 高校で授業についていけず留年してしまう(日本語の学校、英語の学校どちらでも)

などが起こってきます。

そうなると、言葉をあまり必要としないような仕事から将来選ばなくては
いけなくなったりしてしまい、そうすると「子供の選択肢を増やす」という
目的も本末転倒ですよね

これを避けるにはどうしたらいいのか、バイリンガルが多い海外在住の子供は
どうしているのかを書いていきたいと思います。

 

海外在住の子供やハーフの子供はどうしてる?

 

海外在住の日本人の子供やハーフの子に対して、「勝手にバイリンガルになっていいよね」
という意見はよく言われます。
もちろんイメージしているだけであって悪気も何もないと思います。

でも海外で育つ子供にもダブルリミテッドになる危険性はあるんですよ

momohasu
momohasu
”ほったらかし”には出来ません。

 

バイリンガルを目指す前に重要な事

どちらをメインの言語にするのかきっちり決める

 

基本的にはやはり母国語のベースがあってこそです。
それでも、小さいうちは日本語で親と接する時間が長くても学校へ行きだし
英語で授業を受け、英語で友達と話していると日本語を忘れていってしまう子も
結構多くいます。

 

なので多くの海外在住ママは土曜は子供を日本語の補習校に送っていき、
家では出来るだけ日本語を子供に使わせようとします。
むしろお父さんがネイティブならばお母さんは日本語を
両親ともに日本人なら家では日本語を徹底して話したりします。

近くに補習校がなかったり、足りないと感じる過程は
日本の通信教育なども取り入れています。

有名Youtuberのバイリンガールちかさんも、アメリカで育ったそうですが
土曜に日本語の補習校に行っていてその時は「みんなが遊んでいる中自分は余分に勉強しなきゃいけない」と
嫌だなと思った時もあったけど、大人になって行ってて本当によかったと思うと動画でおっしゃっています。

 

日本語って難しい言語

 

それでも小さいうちから海外で育った子供の日本語はもちろん日本で育った
子供のようにはいかないこともあります。

「貴方の〜…」とやけに丁寧な言い回しで話す子も
Youから組み立てれている言語ですよね

私のある友人は小学校高学年から海外で育ち、今はバイリンガルです。
日本で仕事をしていますが、オーストラリアで大学を出て日本で最初に就職した時

ふと周りの態度が冷たくなっていくような気がした
そしてある日、突然デスクの上に”敬語の使い方”の本を置かれていたそうです。
母国語である日本語はしっかり身についています。
でもほとんど敬語など使うことがない年齢から英語の世界に変わったから
敬語がうまく出来なかったそうです。

「敬語は難しいし、どんな相手にそれを使えばいいか分からなかった」
という彼は出会った頃しばらく私にも敬語でした。
「敬語じゃなくて怒られたり後ろ指刺されることはあっても
敬語で怒られることはないでしょ」と。

 

日本人に生まれて日本で暮らしているなら、まず母国語である日本語をしっかりと
習得して、論理的に考えられる母国語の軸を作ってこそのバイリンガル目指しです。

ごく稀に難なく二言語もきちんと習得する”バイリンガル脳”をもつ人もいて、実際に研究もされているそうですがこれは少数派のお話。

 

「日本語と英語が話せれば、あとは何も出来ないおバカさんでもいい」
なんて思う親はいないですよね?
二言語を中途半端に入れてしまい、しっかりと物事を考えられる軸がないと
言語以外の学習や自分で考えて選択していくという人生で大切な事に響いてくるのです。

 

言語習得は早ければ早いほどいいのか?

 

これは多くの人が信じている説で、実際脳の成長からしても証明されています。
発音、アクセントに関しては。

1995年にアメリカで7歳から12歳の間に渡米し、英語を第二ヵ国語とする
中国人、日本人、韓国人、ベトナム人の107人の子供達を、7~9歳の間に英語学習を始めたグループと、10~12歳に英語学習を始めたグループに分けて実験を行いました。

その結果、文章の構造など文法に関する点では遅く英語学習を始めたグループの方が優秀という結果が出たそうです。

 

それまでも言語習得は早いほどいいと思われてきたので研究者にとっても驚きの結果です。

これからも分かるように、やはり母国語の軸をしっかり作ってからの方が
結果的に二言語共に正しい言語習得が出来るのです。

 

子供がつまずいているサインを見逃さないで

 

子供が学校で勉強についていけていない様子だったら、内容が分からないのか?
言語が原因なのか?
よく見てあげてください。

ダブルリミテッドの可能性のある言語での躓きであれば、一旦メインでない言語を
教えるのをストップしたり、学校で使う英語など現地の言葉の強化を測ったりと
行動が出来ます。

子供が「今日から突然学校で何言ってるかさっぱり分からなくなった!」
なんてことはないので、早めに気づいてフォローしてあげましょう。

そうすることでダブルリミテッドになる可能性を格段に減らすことが出来ます。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか

ダブルリミテッド 幼児英語を実践している方でこれをご存知の方は少ないと思います。

お家で少し絵本を読んだり歌を歌ったりそういうことは大丈夫です。
家でも熱心に英語を教えて最短時間でバイリンガルを目指そうとする場合
それでも学校は日本の学校へ通う方など、今現在お子さんが英語を習得していってるなら
努力や費用が報われてとても喜ばしいことです!

でもこういう面もあるということを少し頭に置いてみてください。

 

 

応援にポチッと押してもらえると嬉しいです いつもありがとうございますm(--)m にほんブログ村 にほんブログ村へ