娘のバイリンガル成長観察

英語を覚えやすい番組 (娘のお気に入りより)

移住約半年、デイケア週3を3ヶ月ほどの今
娘は単語がだんだん英語に置き換わるのも含めなんだか言語が混ざっています。

ふと覚えたものであれば2,3語文も

昨日は「お風呂入ろう〜」と言うと

「NO,Thank you」とバサッと言われました。

 

ノーノーばっかり言ってるかと思いきや

突然ちょっと丁寧にお断りされて「もう!早く!」なんて言う気にもならず…
後から絶対寂しくて来るので放っておいて先行きました。

自分の意思とは関係なく言語が違う国に連れて来られて
まだフルで学校に通っている訳でもない状況で子供はすごいなあ…と
度々驚かされます。

やはり週3のデイケアは半日英語環境に浸かるので大きいと思いますが、
「あ そういえばそのセリフあのテレビでやってたな」 などということもあるので
抵抗なくむしろケラケラと笑いながら見ているテレビも影響しているのかなと思います。

 

好みもあるかと思いますが、
好きで見ている番組と言葉を真似しだす番組
やはりほぼ同じことに気づきました。

そこで娘が言葉を覚えてくるお気に入り番組を少しご紹介します。

 

娘の最近一番のお気に入りはサラとダック
(日本名サラとダックン)

 

日本でも有料チャンネルなどで放送しているようです。
これはのんびりゆるーい雰囲気で、キャラクターやナレーターが話すのも
結構ゆっくりで英語勉強中の大人もすごく分かりやすいです。

シュールな内容で娘はツボに入ってケラケラ笑っていることも。
ダックやオニオン達なども可愛く、柔らかい優しい世界です。

最近まではオーストラリアのNetflixで見ていたのですが、突然なくなってしまったので
急いで夫が注文してくれました。
好きすぎてしょっちゅう
「Sarah and Duck …バッ!」とオープニングの真似をしている娘
ダックの鳴き声ってグワだと思っていたけど娘にはバッ!らしい。

 

ナレーターさんが結構「oh look!」と言うんですが
もはやこれも娘の口癖
移住直後は「見て〜」だったのがもうそれは出てきません…

 

こちらではなかなかDVDが無いものの日本にいた頃から大好きな
Curious George(おさるのジョージ)

ジョージはもちろん話さないものの、周りのキャラクター達が優しく話すし、
ジョージがおサルさんなので人間と生活する中で学んでいく様が子供の状況と
重なることがあるんですね
一度覚えるとジョージの方が娘より聞き分けが良さそうですが…(笑)

ジョージは小さなぬいぐるみを持ち歩くほど大好きで、USJに行ったときは
お姉ちゃんお兄ちゃんを差し置いてセンターど真ん前でかじりついて見たり
普段怖がる着ぐるみでもジョージなら手を繋いで写真が撮れました。

これも鳴き声突然真似してたりします

 

オーストラリアで子供に大人気のWiggles

 

以前の記事にも書きましたWigglesは、記事公開後にSNSなどで
「記事読みました!うちの子もWiggles大好きです!」との声を結構いただいて、
日本でも英語を子供に取り入れているご家庭での認知度は高いことが分かりました。

 

これは子供番組だけあってアルファベットや発音、コスチュームによる
「僕は何になっているでしょう?」、歌やダンスが盛りだくさん。

紫Wiggleのラッキーがすぐ寝ちゃってみんなで
「1,2,3 Wake up Luck Lachy!」と起こす流れがあるんですが、
娘はこれに最近ハマってテレビ、コンサートやイラストすら見たら叫んでる。
そしてダディを起こすのもこれ

「1,2,3…Wake Up Daddy~!」と飛びついています。

カウントも必ずするんだね

 

テレビなど画面の視聴時間はご家庭によりますが、
うちは「家事する間」や「デイケア帰ってきてお風呂まで」など
だいたいの時間決めたら遠慮なく見せてます。
時間にしたらバラバラ

私が体調不良で夫がいないときは結構付けっ放しにしてしまうこともありますが

 

いろんな番組をダラダラ見せるのではなくて
ほぼ決まった番組(DVD)を見ているのである程度見たら
切り上げてもそこまで不満は出ず終わってくれます。

サラとダックだったらそればかりだったりするので実は満足しているのかな?