オーストラリアの子育て

オーストラリアの予防接種事情

予防接種の必要性については人それぞれの考えをお持ちだと思います。
ここでどちらかがいいなどとは書くつもりはありませんが自身と周りの経験から
どんな感じか少し書いていこうと思います。

 

日本よりは重要視されている

予防接種は Immunisationと言い、オンラインで Immunisation Record として管理されています。
基本的に全て打ち、保育園、幼稚園、小学校などの入学の際は提出をしなくてはなりません。

それがないと入園、入学を拒否されることがある上に

政府からの補助である

Child Care Subsidy (デイケアの費用の補助)
Family Tax Benefit (2週間に1度支給される子供手当の様なもの)

が支払われないという直接お金の面からも「受けましょう」と国が推奨しています。

 

日本から移住した場合予防接種記録はどうする?

 

日本で受けている予防接種は母子手帳に記録されていて、英語の記載もありますので
オーストラリアにうつり、かかりつけのGP(一般医)を決めたらそこで変換、
登録してもらえました。

CenterLink、Medicareの方にもGPがやってくれたのでラクチンでしたが

GPの人が登録を間違えて受けたものが受けてないものとなっていて
Subsidyを見越してデイケアに入ったのにCenter Linkでは受けてない
とされているのでSubsidyが降りない。
変更はそのGPにやってもらわないといけないのに「間違えてしまったけど、一度登録したものは変更不可能だ」などと言われて何ヶ月も話が進まずデイケアの費用がとんでもない事になっていた友人がいました。

こんなトラブルもあったよということで参考に念のためご注意ください。

 

受けている証明があるのであれば(母子手帳など)どうにかなるはずですが、交渉などとてもややこしく英語だけが問題ではない様で、ネイティブのママにも関わらずかなり苦労していました。
自分では注意しようがない事ですが、GP選びも大事です。

 

予防接種のスケジュール

 

基本的には1度登録していればお知らせがお手紙できます。
産まれてから最初はたくさんあるのでGPと相談か、州によって違うスケジュールを
チェックしてみてください。

 

QLD州スケジュール

 

NSW州スケジュール

 

VIC州スケジュール

 

WA州スケジュール

 

SA州スケジュール

 

TAS州スケジュール

 

 

費用は?

 

現在は、オーストラリア政府が指定したワクチンは
National Immunisation Program(NIP)
オーストラリアに住んでいる子供はビザの種類に関係なく無料です

ただし、GPの診察代はかかるのでMedicareを持っていてbulk billのGPであれば
支払いはありませんが、それ以外だとその日のお会計で診察代は支払いがあるので
ご注意ください。

診察代はGP、ドクターによって違うので事前に確認を

 

 

インフルエンザの予防接種は?

 

インフルエンザは毎年日本でも猛威を奮うので気をつけたいところですよね。

オーストラリアにも冬はあり、温度はまさに場所によります。
例えばケアンズやゴールドコーストと、メルボルンでは全然寒さが違います。
メルボルン寒い!

オーストラリアは季節が日本と反対なのですが、だいたい4月頃からGPに
インフルエンザワクチンが入ってくるそうです。

費用は、子供は無料
大人はGPによりますがだいたい$20くらい
(診察代別)

この無料ありがたいですよね…
日本に住んでいた時も子供が産まれてからは打っていましたが、家族みんなで打つとバカにならないお値段。

私が行ったところは子供3000円×2回、大人3500円
だったので子供3人と両親で受けにきていたご家族などはお会計もちろん
なかなかの高額です。
予約も電話先着や長蛇の列で並ぶなんて病院も近所にありました。

子供の安全の為など、子供関係の事柄は手厚いのはオーストラリアのいいところです

 

予防接種の日本語訳

日本の母子手帳にも載っていますが、それでも混乱したのでまとめました
ワクチンそれぞれの英語、日本語です

Rotavirus ロタウイルス

Pneumococcal conjugate (13vPCV) 肺炎球菌

diphtheria ジフテリア

Hepatitis B B型肝炎

rubella 風疹

Measles 麻疹

Haemophilus influenza type b ヒブ(ヘモフィルスインフルエンザ)

acellular pertussis (whooping cough) 百日咳

varicella (chickenpox) 水疱瘡

meningococcal C 髄膜炎C

mumps おたふくかぜ

tetanus 破傷風

inactivated poliomyelitis (polio) 不活化ポリオ

 

受けたくないんだけど

 

私自身は自分の子供、また子供と関わる周りの人への出来るだけの予防として必要と考えているので「予防接種は毒 受けたくない」に賛同は出来かねますので詳しくは調べていませんが、一応オーストラリアでは”法律上の義務”では無いようです。

なのでデイケアや小学校などに求められてもGPにて”予防接種を受けない理由”を
伝え証明を発行してもらい提出…という手も無いことも無いようですが、
賛成するGPのドクターも多くはなく、それを提出しても入園、入学を断られる事もあります。

もちろん子供手当やSubsidyも貰えません。
「国の補助、サービスを受けたいなら指定した事に従いなさい」
という姿勢はある程度揺るがないようです。

それでもネットの普及によりワクチン反対の親も少し増えており、ワクチンを打っていれば
防げた病気が流行一部で流行したりしている現実から、政府も「受けないなら…」
の対策をしているようです。

応援にポチッと押してもらえると嬉しいです いつもありがとうございますm(--)m にほんブログ村 にほんブログ村へ