子供の英語教育

インターナショナルスクールは本当に子供の為になる?

 

「子供に英語を話せるようになって欲しい」と思う親は今本当に多くて
その為にはたくさんの選択肢がありますよね

うちの娘2歳と同じくらいの歳をお持ちの方であれば、多くは教材などを使って
おうち英語を実践中かと思います。

でも留学経験があったり帰国子女などのご両親でなければ、英語を教えるのに

「せっかくの耳が良い時期に私の発音聞かせていいのかな?」
「教材を真似ることは出来るけど、実際のネイティブは
どんな風に接してるの?
「やっぱり英語のシャワーを浴びさせたい!

と思ったことはないですか?

 

そんな思いで、経済的に許せば親子留学インターナショナルスクール
検討されている方もいるでしょう。

 

今回はインターナショナル幼稚園からインターナショナルスクールについてを
検討する前に少し知っていて欲しい現実をお話したいと思います。

日本人両親の元に生まれて日本で育つお子さんが

  • インターに入れたらどんどん勝手に英語を覚える
  • 日本に居ながら海外の文化にも触れられていろんな体験が出来る
  • ゆくゆくは大学の帰国子女枠へ

それ、本当だと思いますか?

 

インターナショナルスクールに行く日本人は訳あり?

 

インターナショナルスクールとは全世界にあって、基本的にはその国とは違う
国籍、母国語の子供が通います。
ですが近年は日本国籍の子も多くの学校が入学を認めており、学校内の言語が英語(または
他の言語)なことから「英語が話せるようになる」「日本にいながらバイリンガル!」
というイメージや

芸能人の子供が多く通うことから”セレブ学校”というイメージがついています。

ですが基本的にインターナショナルスクールに通う子供は
元々は理由がある子達が大半でした。

 

  • お父さんが何度も海外赴任することが分かっていたのでいろんな国で対応出来るようにインターに通っていた。(実際にこちらで会ったお子さんです)
  • ある程度の英語教育を受けており、海外の大学へ入学を目指すために高校から編入する
    (海外の大学入学対策をするインターもあります)
  • 親の仕事の関係などである程度まで海外で育ったので親とは日本語でも外では英語で
    暮らしてきたので勉強や友達の面で日本の学校に馴染めない
  • 芸能人の子供はいじめ対策など周りに出来るだけ騒がれないように

そういったバックグラウンドがある子が多いのです。

 

バックグラウンドがない子供が
インターナショナルに入るとどうなる?

 

海外移住の際に言われたように、
「英語のシャワーを浴びれば自動的にバイリンガルになる!」と思っている方が
かなり多くいらっしゃいます。

ダブルリミテッドになる可能性があるのをご存知ですか?

英語習得どころかダブルリミテッドになる危険性!?幼児英語の注意点 幼児英語、おうち英語、またさらには子供をバイリンガルにするのを目標にしているなど 目標レベルはそれぞれだと思います。 ...

 

こうなると「英語を喋れるようになって子供の選択肢を増やす!」
どころではありませんね。子供の選択肢がかなり狭まってしまいますし、
コミュニケーションに難があったり本人がコンプレックスに感じたりすると
将来どころか特別なケアをしなくてはならなくなります。

 

もちろん皆がそうなるわけではないし、バイリンガルになる可能性もある。
少数いると言われている”バイリンガル脳”を持っている子なら
すぐに馴染んでいく子もいるでしょう。

ただ、将来の選択肢が日本国内にある可能性が高いなら日本語を日本で育つ一般的
な子供達と同じレベルに最低限は身につけないといけないでしょう。
それがインターナショナルスクールでは出来ません。
(
学校での日本語教育を日本の通常の学校と比べて)

 

親が帰国子女や長期留学経験があったり通訳者などのレベルで英語が堪能な
家庭ほど、子供が日本で育つならまず母国語の日本語教育
しっかりする事に重きを置いている割合が多いのです。

インターナショナル幼稚園は
内容と評判をよくチェックして!

 

娘と2年住んでいた実家の近所にもインターナショナル幼稚園がありました。

その近所の評判がすごく悪い
でもそれは通わせている保護者には届いていないかもしれません。

簡単に上げていくと

幼稚園からお散歩で公園に来た園児&先生と遭遇すると

 

  • 公園にいるほかの子供達はまるで見えてない先生 順番も園児以外無視
    (他の保育園の先生は配慮してくれます 子供に順番抜かしさせたりしません)
  • 砂場に転がっていた他の子供のおもちゃを誤まって踏んで壊してしまっても放置
    (園児の目の前)
  • ネイティブの先生+2、3人の日本人先生の引率ですが発音はカタカナ英語で
    英語も間違えまくっている
  • 子供達は普通に日本語で喋っているし他の子供のおもちゃを使って返さない

幼稚園が終わった後

  • インターの保護者同士で喋っているけど子供を見ていないので
    上記のような子供が他の子に意地悪してもほったらかし
  • ある保護者は「うちはインターナショナル行かせてる自慢」をしてまわる
    (本当に遭遇してビックリ!)

季節イベントで地域に迷惑をかける

  • ハロウィンやクリスマスに狭い車通りが多い道を仮装で歩いてなんども事故しかける
  • 商店街にいきなり行って「トリックオアトリート」する
    (海外でも見ず知らずのところにいきなり行かないですよ許可もなく)
  • 様子を撮影する保護者がカメラに夢中で周りが見えておらず危険
    (幼稚園があるところまでの道が狭く車通りが多いんです)

 

インターナショナル幼稚園に何を求めますか?

 

上記のようなことがあって近所では評判が悪いんですが、
実際”英語で子供に話しかける””基本的な英語を教えてくれる”ことを
目的に通わせるなら叶うかもしれません。

毎日通っていればある程度英語も覚えるでしょう。

ようは英語もどこまで求めるかでしょうか
私の友人は、「わざわざ耳がよくて脳も柔らかい時期に高い金額を払って行かせるのに
あのカタカナ英語は嫌だ」と入園を取りやめました。

私自身はこの年齢なら他人との関わり、マナーなどを最低限やっていない場所では
英語以前の問題だと思いました。

 

もちろん全国にたくさんのインターナショナル幼稚園はあると思うので、
きちんとやっているところももちろんあると思います。
ご自分が重視する内容と周りの評判もチェックして見てください。

日本のインターナショナル幼稚園は特に外国人に人気の住宅地でなければ
8,9割の子供は日本人の両親の元に生まれた日本人の子供が多いそうです。

そうすると子供同士は日本語になる可能性も高い。
以下の記事にも書きましたが、子供は子供から学ぶのがとても早いんです。

子供は子供から言語を学ぶお友達探し活動をした事もあった私ですが、今あまり多くはないものの 定期的に遊ぶお友達がいます。 子供達はお互いを”友達”...

とはいえ、日本国内で英語を母国語としている子供達がほとんどの
幼稚園はかなり限られています。
ご自宅から通える範囲にそれがあるでしょうか?

もちろん、「簡単な英語に触れさせてくれて、ネイティブの先生とも
やりとり出来る機会があればいい」という思いならきっと満足出来るかもしれません。

 

でも基本的にインターナショナル幼稚園は高額なので、よっぽど金額を気にしない
お金持ちじゃなければ、せっかくお金を払うなら中身が見合っているのかなど
気になりますよね?

ぜひ求めている内容なのかを見学だけに止まらず評判なども調べてみてください。

 

どこまでインターナショナルスクールに通いますか?

 

正直、インターナショナル幼稚園だけで小学校、中学からは公立、私立関わらず
日本の普通の学校に火曜なら子供は幼稚園で覚えた英語はすぐに忘れてしまいます。

でもずっとインターに通っていくとなるとかなりの学費他費用がかかりますし、
上でも述べたようにダブルリミテッドの可能性も考えると家でのフォローも
必要ないとは言えません。

 

仮にずっとインターに通ったとして、大学は海外の大学でなく「帰国子女枠に」と
期待する声が少なからずあるんですが

 

日本国内のインターナショナルスクール出身の人を
「帰国子女」の対象にしない
大学は多くあります。

 

インターを対象とするところもあれば、卒業してもそもそも大学受験資格が得られない
学校もあります。

幼稚園を英語の習い事と合わさった感じでインターへ
その後は普通に日本語の小学校へ行かせるというなら特に難しい話ではありませんが、
進めば進むほど変更が難しくなります。

全て英語で授業を受けていたのにいきなり日本語の授業ですんなり馴染めるでしょうか。
友達との会話が同世代の子達と同じように出来るでしょうか。

本格的にインターナショナルスクールをお考えであれば、そういった事も
含めて先を想像したりよく調べて決めた方がいいのではないかと思います。

 

インターが作ったオンラインプログラムで習い事

 

かなり否定的な記事に結果なってしまっているようで申し訳ありません。
でも個人的な感情で言えば絶対やめた方がいい!
とまでは思っていません。

ただ将来設計やフォローなどが想像以上に必要そうですとお伝えしたかったのです。

日本で生まれ育って日本の教育を受けられることは、自分では分からないかも
しれませんがいいことでもあります。
日本の教育を受けたい人は多くいるのです。

そして
「英語のシャワーに放り込めば勝手にバイリンガルになる」は
簡単に言えることではありません。

参考にいま一度。

英語習得どころかダブルリミテッドになる危険性!?幼児英語の注意点 幼児英語、おうち英語、またさらには子供をバイリンガルにするのを目標にしているなど 目標レベルはそれぞれだと思います。 ...

 

もしインターに入学ほどでもないけど少し英語に定期的に触れさせたい。
ということであれば英会話スクール(私は子供だったら外国人講師のみを選択します)や、
今どんどん受ける人が増えているオンラインプログラムといった選択肢がありますよね

オンライン英会話ってどんなもの?有名教室より安価でも気になる中身オンライン英会話ってどんなもの?いい面とマイナスな面は? 長年英会話教室に通っていた時に感じたマイナス面がオンライン英会話ではすぐ解決! 自宅であいた時間に出来るハードルの低さは忙しい学生、社会人、主婦の方にもぴったりでした。 幼児向けも送り迎えなしで英語に触れられる!...

実際仕事をしていた時は教室に通う時間がなかったし、
子供がいるとそれこそなかなか通えません。
子供の英語も近所にいい教室がないと選択肢が少ないし、
大手だからといっていい訳じゃないというのは自身で体験していたので
オンラインに目を向けると選択肢がぐんと広がりました。

日本にいた時に利用していた2社を後ほど体験記事を書こうと思います。
また、オンラインなのでもちろんどこにいても出来るので、
こちらに住んでいても生活においてもっと会話したいと思うとまた
利用再開しようと思っています。

 

エイゴックスはキッズ向けもあるのが嬉しい!
しかも350円から受けられるんです


 

でも、これはいい!と思ってもやはり取り入れるボリュームに関しては
お子さんをよくみて調整してくださいね 

 

応援にポチッと押してもらえると嬉しいです いつもありがとうございますm(--)m にほんブログ村 にほんブログ村へ