海外生活

カンタスとジェットスターを乗り比べてみたら

こんにちは モモハス( @momohasugday )です。

オーストラリアへ行くのに使う飛行機は私の周りではほとんど

QantasカンタスJetstarジェットスターの二択です。

(オーストラリアではQantasはクゥァンタスみたいに発音しますが
日本では”カンタス”表記なのでこれでいきますね
私もこっちの方がしっくりくるので…)

 

そこでオーストラリア在住で何度も往復で乗った体験からその2社を比較してみました。

今回は公式のページにあるような内容ではなく、
実際に乗ってみて気づいたリアルな点を書いていこうと思います。

注:個人的な体験から感じた個人的意見と出来事からの記載となります。
その時の搭乗員さん達の顔ぶれや状況にも印象は変わる事はあるかと思います。

 

カンタスかジェットスターの二択?

たまに

「今回JALで帰るの!
親のマイル溜まったの使わせてくれるっていうから!」
momohasu
momohasu
おおー!リッチな旅!

という会話するくらいかな?

基本的に二択が多い印象です。

 

ジェットスターJetstar

 

ジェットスターは身軽で簡潔なフライト希望向け

 

私がオーストラリアに最初行くときは
オーストラリア=ジェットスターでした。

昔見たベッキーのCMも印象に残ってたし、少しでも費用を抑えたい
ワーホリにとって”LCCは味方だ!”と思っていました。

単身、子連れ、ファミリーで経験してみて感じたジェットスター利用に向いているのは

  • 単身
  • 身軽
  • フライト中は放っておいてくれていい人
    (iPadなどで暇つぶし、ひたすら寝る、ご飯持参など)
  • 預ける荷物なし

などです。
もちろん全て当てはまらなくてもいいのですが、金銭面でも一応どちらの航空会社も調べますが、夫が1人で帰る時にこの条件だとジェットスターがやはり安い事が多いのです。

 

ジェットスターが必ずしも安いわけじゃない

 

上記にあげた”ジェットスター利用に向いている”とした項目は、
そうでない場合にジェットスターとカンタスを比べた時に、
必ずしもジェットスターが安いわけではなかったからです。

LCCなのに一番安い訳じゃないの!?

そうなんです。

カンタス=日本でいうJALやANAでしょ? となるとLCCよりは高いでしょ!

そういうイメージで私もいましたが…より快適なカンタスが安い時もあるんです。

もちろん時期にもよりますが、

  • 預け入れ荷物がある程度ある
  • 暖かいごはんを食べたい
  • 暇つぶしグッズ(iPadなど)がない
  • きちんとした接客を受けたい
  • 寝るグッズも持って行かず用意して欲しい

など1つでも当てはまる人は検索で比べてみてください。

 

いざという時にジェットスターの対応に不満

 

ジェットスターで「今日は飛びません」となった時の事
どうしようもないので保証してくれるであろう宿に滞在して次の日に乗る事になります。

まずは、もうみんな搭乗口で待っていた時なのでカウンターに戻って
荷物を取り戻す手続きをしなくてはなりません。

ですが国際線で大きな飛行機=登場予定人数が多かった のに開ける
カウンターが少なくて、ものすごく手続きに時間がかかりました。

かなり時間がかかって自分の番になった時、友人が

「フライト内で過ごす用の食事なども買い込んだんだけど明日も買わなきゃだ…勿体無いねこんな事になるなら買わなきゃよかったなあ」と
私に発した言葉に

担当してくれたのは日本語の出来る方でしたが今回のキャンセルについて
お詫びの言葉もなく「飛んでも飛ばなくても食事はするでしょ?」

と突然言われてなんだかビックリ。
まあそうなんですが…

 

そして手続きが終わったらバスに乗って提供してくれる宿へ

余談ですが私はヨーロッパに行った際にも「今日は飛べません」となりオランダで足止めに
なった経験があり、その時はかなり立派なホテルを用意してくれ、ラウンジも食べ飲み放題とすごい待遇だったので正直

どんなだろう?とワクワクもしていました。
だって飛ばないならそこを残念がってもしょうがないし。

でも結果タクシーを呼んでしばらく走らないと

  • 何も過ごすところがない場所にある二階建ての宿
  • またもやチェックインに長時間並ぶ
  • Wi-Fiは制限あり
  • 食事用バウチャーは基本の食事には足りない

次の日の便で帰れましたが、席はもちろん選べなくて友人とも離れ
私はジェットスター利用の時はアップフロントを少しお金を出して選択していましたが
普通の席になっていました。

 

カンタスQantas

 

子連れフライトにはカンタスが楽

私が勝手に感じた事で、ジェットスターでも同じ事をオプションをつけていけば
ほとんど出来ると思いますが

子供を連れてオーストラリア行き来すると荷物もまた増えます。

カンタスは1人につき30kgの預け入れ荷物が着くので結構日本で買い込んでも
荷物追加はした事がありません。
ちなみに荷物の数は問われません。

他に「ああ、カンタスいいなぁ」と感じた事は

  • 子連れは先に搭乗させてくれる
  • ブランケットと枕がついている(やっぱり寝るのにあるとすごく助かった!)
  • あったかいごはんが出てくる(キッズメニュー選択可能)
  • 水やスナック、コーヒーや紅茶でホッと休憩出来る
  • お酒も含まれる(昼フライトで子供が寝たタイミングで寝とかなきゃ!ていう時に初めて空の上で飲酒しました(笑)
  • やっぱり目の前に画面があって映画など見放題はありがたい
    →ディズニーや子供番組もかなりあったのでiPad使用せず
  • 子供は料金少し割引
  • 子供の分は2アイテムまで通常手荷物に加えて持ち込み可能
    →持ち込み可能サイズなベビーカーなど 乗り換えの空港が広いと本当に助かった!
  • 子供にお絵かき(書いて消せる)ボードをくれた

 

そしてとても嬉しかったのが日本行きの国内線で搭乗中、娘が乗り込むと
「おいで」と娘を呼び、コックピットへのドアを開けて見せてくれました。
そして「写真撮る?」と。

娘は乗り物大好きなので喜んでいい思い出になりました。

 

カンタスのいざという時の対応は?

 

ちょうど数日違いでオーストラリアから戻った知人談ですが、遅延になった際に
2時間近く遅れた時点でランチが配られたそうです。

その遅れではお昼の食事提供の時間がずれてしまうからと。

比べる条件的には状況が全く同じではないのでフェアではないですが、
対応の姿勢が違うように感じました。

 

カンタスもジェットスターもセールに注意!!

 

安さを追求したい方は

2社を自分で条件を入れて比べたり、比較サイトで検索してみましょう

私がいつも使用するのは2サイト

海外格安航空券予約サイト-skyticket.jp-

スカイスキャナーの航空券比較

この2つサイトです。 いっぱい見すぎても混乱しますし、自分が使いやすいサイトを
2、3見つけておくといいかも。

ただ渡航の予定があるなら、カンタスとジェットスターのセール情報には要注意です!

カンタス

ブラックフライデーやイースターなど何かセール理由がある時にしている
イメージ…
これを利用して、2人で往復約$1100になりました!1人往復$600以下ですよ
LCCではない航空会社が。

ジェットスター

2in1セールやReturn freeセールが狙い目です!

2in1は2人で1人の値段 Return freeはその名の通り往復を片道料金で
というセールなので、その他のセールより安くなります。

 

とはいえ毎日毎日やっているか公式を見にいくなんてめんどくさい事出来ませんよね

 

情報はSNSにあります!
ジェットスターは当時やっていたFacebookで広告として出ていましたが
カンタスやジェットスターのセールは大概

  • 海外在住者
  • 旅行好き
  • 旅ブロガー
  • 海外情報ブロガー

などなどの方のアカウントからSNSで発される事が多くあるので
私もこれで知りすぐにサイトに飛んでいます。

まだ旅行の予定がなくても、セールをきっかけに予定が立ったりもします。

 

 

ぜひ少しでもお得に 快適なフライトに出会えますように

応援にポチッと押してもらえると嬉しいです いつもありがとうございますm(--)m にほんブログ村 にほんブログ村へ