オーストラリアの子育て

Time Out, Naughty Corner を取り入れてみた

日本では昔から比較的”追い出す”というかたちの罰が多いんだそう
けれど子供を(家の外まででなくても)”追い出す”という行為が心理的影響に良くないという見方もあるようで、実際現代では例えば家の外にだそうものなら変な人に連れて行かれはしないか、ウロウロして事故にでも合わないか、近所迷惑にならないか 
などの理由でやっている家庭はほとんどないんじゃないでしょうか

日本で子育てしているうちは聞いた事がなかったのですが

Time Out
Naughty Corner

を我が家は最近2歳の娘に取り入れました。

いったいどんなもの?


私も知り、諸先輩方にアドバイスをいただき始めたばかりです。
この先、「どんなもの?どう子供に影響するの?」
と思った方へ参考に1部になれるようなものが書ければ嬉しいです。

 

タイムアウトってどういう事?

 

ご家庭によって少し違う場合もありますが、多くは親の言っている事を守らない、酷い態度で接してくるなどした時に「タイムアウトよ」と理由を説明し、あらかじめ決めておいたNaughty Cornerに連れていき決めてある時間そこで1人で過ごさせる。


時間が来たら子供の元へ行き目線を合わせて話し、何が悪いか分かってきちんと謝れたらハグなど愛情いっぱいに受け止めるという流れのもの

 

どんなふうにやるのか?

 

周りやTwitterの海外先輩ママやオススメで知ったテレビ番組「Super Nanny」を参考に
うちで決めた流れはこちら

  1. 本人が本当に危ない事をしていたり、物や食べ物などを乱暴に投げつけたり人を叩いたりしているときはやめるように言う。
    3回目あたりから丁寧に低い声でやめるように伝える。(やめなければならない理由も)


  2. それでもやめなければ側に行って目線を合わせ、両手をとって低い声で
    「これは最後の警告だよ それでもやるならNaughty Cornerに行こうね」
     と共にやめなさいとその理由を伝える

  3. 警告後も続けば、「あなたは警告後も言う事を聞かなかったのでNaughty Cornerに行
    かなければならないよ」と決めておいた場所に連れて行く
    ✳︎その際に行きたくなくて言う「ごめんなさい」はカウントしない
    連れて行った後は子供と目を合わさないし話さない。
    嫌で泣いて戻ってきたり脱走しても無言で戻す を延々繰り返す
    (Naughty Corner自体は安全な場所で基本的には親から見えるところ)


  4. Naughty Cornerにいる時間は 年齢×1分
      時間が来たら子供の元へ行き目線を合わせて「なぜタイムアウトしたのか」話す
      尚も暴れたり謝れない、理解しないで態度が同じならタイムアウト続行を繰り返す
      理解出来て謝れたらハグして愛情いっぱいに受け止めてタイムアウト終了

このハグして愛情いっぱいに受け止めるというのはとっても大事!
決して嫌っての事じゃない。愛してるよ大好きだよって全身で伝えて
子供が愛情を疑ったり不安にならないようにしましょう

 

流れはこんな感じ…

https://www.youtube.com/watch?v=D0x6P-UhGgs

 

 

実際やるのは難しい?

 

Super nannyの動画をいくつか見ると、泣いてしまったり泣きそうになりながら指導されているお母さんも何人もいます。

いろんな感情があるかと思います。
泣き叫んでいる子供に対して毅然とした態度で何度も何度も繰り返す事の辛さ、
泣いている子供が可哀想になってしまったり、
何で我が子はこんなに言う事を聞いてくれないんだと感じたり…

 

そして間違った使い方をすると恐怖心やトラウマを植えつけてしまいかねないんじゃないかと不安にもなってしまいますよね

やるならきっちり貫いた方がいいそうですが、まず実行前にはしっかりとした家庭のルールを決めることが大事だそうです。

 

大事なのは感情のままに怒鳴らないいきなりブチ切れで「タイムアウトだ!」と叫んで
引きずっていったりしない
 

簡単なようで難しいと思います 叫ばないって。
お母さんも人間で、日々家事や仕事、育児と忙しい中で日々まだまだいう事を聞かない子供に根気強くきちんと言い聞かせるって忍耐力がかなり必要

「ダメって言ってるでしょ!」
「もういい!」

私自身、今まで何度も言ったことがあります。
気が長い方ではないので根気強くというのが自分への課題だなと感じました。

感情のままに行動、発言しない。
ルールをしっかり決めて、それでもちゃんと子供の様子はみつつ少しづつ
調整していくのもあり

 

とはいえ、やろうと決めてからあまり機会がなかったのです。
というのも割とうちの娘は単純な性格をしているので、「あっそういえばさ」
などと会話を変えるとコロッとつられて気分が変わることもあって最終警告までいくことが
あまりなかったのですが…

 

ついに本日初めて、娘Naughty Corner行きました。
様子は別記事にて…

応援にポチッと押してもらえると嬉しいです いつもありがとうございますm(--)m にほんブログ村 にほんブログ村へ